「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウムのお知らせ(WEB開催)

《「高齢者の詐欺被害防止に向けた
消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウム》 
~WEB開催~

※このシンポジウムは終了しました。

【日時】
 2020年8月18日(火) 13:00~16:00
【テーマ】
 高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と個人情報の課題について
【主催】 
 慶應義塾大学医学部(RISTEX安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築

「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」プロジェクト研究分担)
【後援】
 消費者庁
【協力】
 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター

 

開催趣旨

 平成26年6月の消費者安全法改正により、高齢者、障がい者、認知症等により判断力が不十分となった者の消費者被害を防ぐため、地方公共団体及び地域の関係者が連携して見守り活動を行う「消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)」を設置できることが規定されました。消費者安全確保地域協議会は、本年6月末現在276の自治体に設置され、徐々に取り組みが広がりつつありますが、設置ができていない自治体も多数あります。また、設置している自治体においても、消費者安全法に基づく個人情報の取り扱いに関しては慎重な対応がなされる場合が多く、見守りのための活用が必ずしも十分になされていないことがあります。
 本シンポジウムは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)の戦略的創造研究推進事業「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域」に採択された「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」プロジェクトの一貫として実施します。同プロジェクトで実施した全国の消費者安全確保地域協議会に対する調査結果を共有するとともに、先進的な取り組みを行っている自治体や消費者庁との対話を通じて、高齢者見守りのためのあるべき姿、個人情報の共有に関する課題や、消費者安全確保地域協議会の課題と今後に関して議論を深めたいと思います。

 

参加申込み
参加費:無料  定員:500名
下記、申込みページよりお申込みください。
URL: https://bit.ly/3hIbpRe
申込み締切: 2020年8月17日(月)17時 (定員になり次第受付終了とします)

当日の資料は公開可能のものに限り、本HPに後日公開いたします。

 

お問合せ先
シンポジウム事務局 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 担当 江口/田部井 
E-mail: defreckeio@outlook.jp

 

<シンポジウムご参加に関するお願い>
・お問合せにつきましては、メールでの対応とさせていただきます。
・シンポジウム当日は対応に限界がございます。出来る限り事前のお問合せをお願い致します。
・技術的な(PC、アプリケーション等)お問合せはお受け致しかねます。
 事前に視聴環境の御準備をお願い致します。

 

「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウムチラシ