Webサイト公開終了のお知らせ

これまでWebサイト「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」 https://defrec.jp/ のご利用どうもありがとうこざいました。

このプロジェクトは科学技術振興機構(JST)社会技術開発センター(RISTESX)の研究開発プロジェクトとして実施してきたものです。
令和2年度で研究開発期間が終了のため、Webサイトの公開を令和3年3月31日で終了します。

令和3年4月1日からは、新しいサイトへ移行します。公開までお待ち下さい。

https://akitapuwatanabelab.wixsite.com/my-site

 

秋田ICTフェア2020へ出展します(令和3年1月20日~26日、Web開催)

このイベントは終了しました。

令和3年1月20日~26日の日程で開催される「秋田ICTフェア2020」に「サギ抵抗力しんだ~んアプリ」を出展します。今年はWeb開催です。パソコン、タブレット、スマートフォンで閲覧可能。アクセス可能な方はどなたでも来場(閲覧)できます。是非ご覧下さい。

 

詳しくはこちらから

 

令和2年9月26日(土)「サギ撃退サポーター」養成講座を行いました。(神奈川県)

9月26日(土)13:30~16:40 神奈川県横浜市かながわコミュニティカレッジ講義室に於いて、本研究で制作したハンドブックを使った「地域で守ろう!サギ撃退サポーター養成講座」を行いました。事例検討のグループディスカッションでは、被害防止について活発な意見が出ていました。(講座実施団体:一般社団法人シニア消費者見守り倶楽部)

 

 

 

 

令和2年8月19日 県庁出前講座で講演を行いました。(秋田県)

令和2年8月19日(水)13:30~15:30、秋田県生活センター(アトリオン7階)主催の「第2回 消費生活セイフティ講座」で、本プロジェクト研究代表者の渡部が「わたなべ教授のサギ抵抗力診断ーその後の進展ー」をテーマに講演を行いました。(参加者数:19名)

 

◆◆◆ アンケート集計結果 ◆◆◆

 

1 本日の話 良かった点 

・サギ抵抗力診断アプリ(ショートバージョン)良かったです。
・全般通じて、具体的な話が良かった。
・アプリの活用(特に短い版)は、有効だと思う。
・具体的な話題がおりこまれていたので、理解できた。
・特殊詐欺の色々な手口やサギ抵抗力診断など、とても勉強になった。
・金融犯罪の実態が少しわかったので、有意義だった。
・サギ診断アプリのショートバージョンの実演アプローチがよかった。
・高齢者が引っかかりやすい事例を参考に、自分事として考える機会を提供してもらった。

 

2 改良点・要望 

・楽しく、前向きになれるような話を盛り込む。
・当用紙(レジメ)の文字も同様だが、スクリーンの活字が細か過ぎると読み取るのに苦労するので工夫が必要。

 

3 次回機会があれば聞きたい内容 

・オレオレは孫とか息子とか、男子の場合が多いと思いますが、女子の場合は?
・プリペード等のカードサギについて詳しく知りたい。
・最近の裏バイトサイトのデータを用いた話(特に若年者問題等)

 

4 なぜ特殊詐欺被害は減少しないか。 

・気をつけてと思っていますが、その場になってみないとわからない。やっぱり、ウマイ話に乗ってしまう人間共通のものでしょうか。
・高齢者は、すぐに信用するし、お金も持っている。
・業者(相手)が話術や巧みな仕掛けを持っていること、それを自分が信じてしまうこと、自分が引っかからないという自身が裏目にでてしまうのだと思う。
・老化による判断力の低下、カタカナ用語・英語表記などに惑わされてしまう為では。

 

5 特殊詐欺(おかしな電話、変な人の訪問)に遭ったか、その時の対応は。 

・今までなかったので、その時になるとあわてるのではないか、注意を怠らない。
・屋根の張り替えに関し、訪問業者が家の屋根に登り、雨漏り数カ所あるとの事、夫からは、調査許可を得たとの事だったので、しかたなく修理した。後に夫に確認したら、許可した覚えはないと言われた。怖そうな2人組の業者に押しきられてしまった。
・光通信のプロバイダー変更の勧誘電話があり、モデムの取り替えや契約料金が安くなる等の色々な話を出されて、迷ってしまうことがあった。変更は、思いとどまった。
・遭ったことはないが、良い対応ができるのか不安です。
・予防策として、予め留守電話を使っている。
・電話がかかってきても、何も言わないで、電話を切った。
・訪問はなし、ハガキの郵送はあり、無視した。

 

6 詐欺抵抗力アプリの理解、診断する気になったか 

・去年、講座をきいてやってみたが、今年も再度やってみた結果はだいたい同様だった。
・会場でやりました、幸いグリーン(安全)でした。
・理解できたので、今後診断してみたいと思う。
・渡部教授の講話は、聞きやすく大変参考になった。ありがとうございました。
・サギの説明、抵抗力アプリは人それぞれと思う。具体的な話がもっと聞きたかった。
・昨年から色々な機会にアプリを紹介している。
・家に帰ったら家族間でやってみる。
・自分や家族で時々、アプリ診断やってみる。今後の変化を確認するためにも有効かな?

令和2年8月18日(火)のシンポジウム資料を公開しました。

 令和2年8月18日(火)に行われた、「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウム~Web開催~の資料を公開致します。

以下からダウンロードしてご覧ください。

 

資料1 講演_消費者安全確保地域協議会と関連施策について(消費者庁地域協力課)
資料2 講演_自治体における取組と課題1(北海道)
資料3 講演_自治体における取組と課題2(滋賀県野洲市)
資料4 パネルディスカッション「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」話題提供(岡本正氏)
プログラム 「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウムチラシ

「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウムのお知らせ(WEB開催)

《「高齢者の詐欺被害防止に向けた
消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウム》 
~WEB開催~

※このシンポジウムは終了しました。

【日時】
 2020年8月18日(火) 13:00~16:00
【テーマ】
 高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と個人情報の課題について
【主催】 
 慶應義塾大学医学部(RISTEX安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築

「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」プロジェクト研究分担)
【後援】
 消費者庁
【協力】
 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター

 

開催趣旨

 平成26年6月の消費者安全法改正により、高齢者、障がい者、認知症等により判断力が不十分となった者の消費者被害を防ぐため、地方公共団体及び地域の関係者が連携して見守り活動を行う「消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)」を設置できることが規定されました。消費者安全確保地域協議会は、本年6月末現在276の自治体に設置され、徐々に取り組みが広がりつつありますが、設置ができていない自治体も多数あります。また、設置している自治体においても、消費者安全法に基づく個人情報の取り扱いに関しては慎重な対応がなされる場合が多く、見守りのための活用が必ずしも十分になされていないことがあります。
 本シンポジウムは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)の戦略的創造研究推進事業「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域」に採択された「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」プロジェクトの一貫として実施します。同プロジェクトで実施した全国の消費者安全確保地域協議会に対する調査結果を共有するとともに、先進的な取り組みを行っている自治体や消費者庁との対話を通じて、高齢者見守りのためのあるべき姿、個人情報の共有に関する課題や、消費者安全確保地域協議会の課題と今後に関して議論を深めたいと思います。

 

参加申込み
参加費:無料  定員:500名
下記、申込みページよりお申込みください。
URL: https://bit.ly/3hIbpRe
申込み締切: 2020年8月17日(月)17時 (定員になり次第受付終了とします)

当日の資料は公開可能のものに限り、本HPに後日公開いたします。

 

お問合せ先
シンポジウム事務局 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 担当 江口/田部井 
E-mail: defreckeio@outlook.jp

 

<シンポジウムご参加に関するお願い>
・お問合せにつきましては、メールでの対応とさせていただきます。
・シンポジウム当日は対応に限界がございます。出来る限り事前のお問合せをお願い致します。
・技術的な(PC、アプリケーション等)お問合せはお受け致しかねます。
 事前に視聴環境の御準備をお願い致します。

 

「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウムチラシ

 

北海道警察ホームページに、アプリのバナーが掲載されました。

北海道警察のホームページに、詐欺抵抗力判定アプリのリンクが張られました。(令和2年7月29日)

https://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/seian/sagi/00_menu/04_taisaku.html

 

◉北海道警察ホームページのトップページから探す場合

 北海道警察トップページ → 安全なくらし → 特殊詐欺に遭わないために → 対策 → 特殊詐欺に遭わないための対策 ・あなたは大丈夫?「サギ抵抗力診断アプリ」で自分のサギ抵抗力を測ろう【アプリはこちら】

世田谷区のHPにアプリのバナーが掲載されました。

世田谷区のホームページに詐欺抵抗力判定アプリのバナーが掲載されました。(令和2年3月9日)

https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/005/002/002/d00184883.html

 

◉ 世田谷区ホームページのトップページから探す場合

世田谷区トップページ → くらし手続き → 救急・防犯・防災 → 危機管理・防犯 → 防犯情報 → 詐欺脆弱性判定アプリ「サギ抵抗力しんだ~ん」について

 

せたがや梅まつりに参加しました(令和2年2月24日)

令和2年2月24日(月)、せたがや梅まつりに参加しました。来場者の方にアプリを体験していただき、危険の判定が出た高齢者を優先的に、世田谷区より詐欺防止機能付き電話の貸し出しを行いました。

 

日時:せたがや梅まつり期間中の1日
    (2020年2月24日 10:00~13:30)

場所:羽根木公園(世田谷区代田4丁目38番52号)

参加者
世田谷区 危機管理室 地域生活安全課
警視庁 北沢警察署 生活安全課
近隣高校のボランティアの生徒

 

 

令和2年2月28日(金)青森シンポジウム開催予定

※このシンポジウムは中止となりました。

令和2年2月28日(金)13:30~16:00、青森市アウガ 5階 AV多機能ホールにて、第3回RISTEXプロジェクト シンポジウム2020「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」ー短縮版詐欺抵抗力判定アプリで自己防衛力を向上させるーが開催されます。短縮版の詐欺抵抗力判定アプリをご紹介いたします。参加費は無料ですので、皆様のご来場をお待ちしてります。

  • 期 日:令和2年2月28日 (金) 13:30 ~ 16:00
  • 会 場:アウガ5階 AV多機能ホール(青森市新町1丁目3番7号、Tel:017-776-8800)
  • 参加費:無料
  • 受 付:13:00 ~ 
  • 主 催:青森大学
  • 共 催:青森商工会議所(まちなかキャンパス事業)

 

2020.2.28 第3回青森シンポジウムプログラム

 

【お問い合わせ先】

青森大学JST/RISTEX 研究開発プロジェクト事務局

TEL:017-738-2001(内線736)

 

2020年2月13日(木)青森県警で講演(八戸工業大学大学院、小久保温教授)

2020年2月13日に、本プロジェクトのメンバーである八戸工業大学大学院の小久保温教授が、青森県警察で「サイバーセキュリティに関して」というタイトルで講演しました。

小久保教授はWebアプリの開発が専門で、「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ〜ん」の設計や現在開発中のリニューアル版のプログラミングなどを分担しています。

講演では、Webアプリ開発の事例からセキュリティ上の脅威を説明しました。セキュリティは、一番弱いところが全体の弱さになります。そのため、方針、情報の取扱のポリシーから、ネットワーク、サーバー、プログラミング、人員まで、上から下までさまざまな要因がセキュリティ上の脅威と関係します。

特に安全なプログラムを作るには、慎重で綿密な作業が必要になり、落ち着いて熟慮できる余裕のある開発環境の確保が必要になります。短すぎる開発期間、仕様の変更、五月雨式の指示などは、セキュリティ上の大きな脅威となり、潜在的な危険を生みだすことでしょう。

また、近年のオリンピックの際のサイバー攻撃の事例を紹介し、わたしたちが今後想定しておくべきことを講演しました。

あおもり産学官金連携Day 2019に出展

2019年10月30日(水)に八戸プラザホテルで「あおもり産学官金連携Day 2019」が開催されました。八戸工業大学と青森大学が共同で「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ〜ん」を出展しました。
「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ〜ん」は、本プロジェクトの成果品で、質問に回答すると心理特性などから詐欺に対する抵抗力を知るができるWebアプリケーションです。
八戸工業大学(小久保温工学部システム情報工学科教授)はアプリの試作と設計、青森大学はアプリを活用した地域連携活動を行っています。

 

 

 

 

 

令和元年11月6日(水)東京フォーラムが開催されました。

令和元年11月6日(水)13:00~17:15、グランドアーク半蔵門にて

フォーラム2019 in 東京「深刻化する詐欺被害 『大丈夫!』は、だいじょうぶ?」が開催され、81名の方々のご参加をいただきました。

フォーラム2019 in 東京(開催要領)

 

基調講演「効果的な特殊詐欺対策:人間心理の落とし穴から考える」

島田貴仁先生(警察庁科学警察研究所 犯罪行動科学部 犯罪予防研究室長)

警視庁犯罪抑止対策本部「東京都内における特殊詐欺の現状と防犯対策」

東京都都民安全推進本部総合推進部「東京都における特殊詐欺の被害防止対策」

青森実装フィールドの活動 澁谷泰秀(青森大学副学長)

世田谷区危機管理室地域生活安全課「世田谷区における特殊詐欺の現状と対策について」

詐欺抵抗力判定アプリの実演 森俊明 (リバティイノベーション社長) 

挨拶 プロジェクト研究代表者 渡部諭(秋田県立大学教授)

 

 ♦♦♦ アンケートより♦♦♦

 

フォーラムについてのご感想をお願いいたします。

 

 ・詐欺被害の撲滅に向け、広報活動だけでなく、更なる対策が必要と分かった。また、被害者心理等も「何で引っかかったんだろう」と思うものが多いが、いざその様な場面にあった時は難しいのだろうと感じた。
 ・無関心層への広報啓発方法について頭を悩ませているので、島田様の無関心層の行動を起こす仕組みのお話について大変興味を持ちました。また、注意喚起にも限界があるため、日常生活の中で非意図的に守られる安全インフラの整備は、急務と思われます。
 ・有識者、関係企業、行政それぞれの立場からどう取り組んでいるかを詳しく知ることができた。
 ・私は将来警察官を目指しており、その中でも特殊詐欺を扱う刑事になりたいと考えています。東京都や今の日本の詐欺事情を知ることが出来、ますます関心を持つとこが出来ました。

 

 

フォーラムでご紹介した詐欺抵抗力判定アプリについてのご感想をお願いいたします。今後、何らかの機会にアプリを使ってみたいとお思いでしょうか。

 

 ・問題の前半は詐欺と関係は無いと思っていましたが、性格が分かることでその人の傾向が分かるのは面白いと感じました。70問はやや多い。
 ・質問事項が非常に多い。注意の判定をうけた者に対し、自動通話録音機を無償貸与するといった連携が出来ると良いと思いました。
 ・このような視点からの被害者防止も図れるのかと、感心した。機会があれば活用してみたい。

 

 

令和元年7月28日(日)秋田シンポジウムが開催されました。

令和元年7月28日(日)13:00~16:00、ホテルメトロポリタン秋田 3階「ジュエル」にて、シンポジウム2019 in 秋田「『大丈夫!』は、だいじょうぶ?」が開催され、129名の方々のご参加をいただき、盛会のうちに終了することができました。

シンポジウム2019 in 秋田(開催要領)

 

 

 

 

 

◆◆◆ アンケート集計結果 ◆◆◆ 

アンケートにご協力下さった皆様、ありがとうございました。

令和元年7月28日(日)秋田シンポジウム開催予定

※このシンポジウムは終了しました。

令和元年7月28日(日)13:00~16:00、ホテルメトロポリタン秋田 3階「ジュエル」にて、シンポジウム2019 in 秋田「『大丈夫!』は、だいじょうぶ?」が開催されます。

特殊詐欺被害や高齢消費者被害予防のため、詐欺被害の現況と対策、企業での取組紹介、そしてアプリの実演などを通して詐欺に関する情報提供を行い、県民の詐欺耐力向上をることを目的とします。参加費は無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

 

●日 時:令和元年7月28日(日)13:00~16:00

 

●会 場:ホテルメトロポリタン秋田(秋田市中通7丁目2−1:Tel;018-831-2222)

 

●内 容:◇13:00~13:05 挨拶(小林淳一(秋田県立大学学長))
     ◇13:05~13:15 活動概要(プロジェクト研究代表者 

                      渡部諭(秋田県立大学教授))
     ◇13:15~14:05 基調講演「特殊詐欺を防ぐために:被害実態から考える」
                        (島田貴仁氏(警察庁科学警察研究所

                     犯罪行動科学部 犯罪予防研究室長))
       14:05~14:15 <休憩>
     ◇14:15~15:00 アプリ使用の実演
       ◇15:00~15:45 パネルディスカッション
                パネリスト(予定):成本迅氏(京都府立医科大学)
                          小番信幸氏(秋田県警察本部

                                                                                                 生活安全企画課)
                          佐藤孝氏((株)ミチノク)
                          一般県民の方
                       講評:島田貴仁氏   

 

●定 員:150名程度

 

●参加費:無料

 

●主 催:RISTEXプロジェクト「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」

 

●後 援:秋田県、秋田県立大学、秋田県警察本部

 

●申込み・お問い合わせ先  秋田県立大学 渡部諭研究室 (担当:鈴木) ☎018-872-1553

 

RISTEXプロジェクトシンポジウム2019秋田 チラシ

平成31年3月5日 秋田県庁で記者会見を行いました。

平成31年度3月5日(火)秋田県庁で記者会見を行いました。

詐欺脆弱性判定アプリ「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ~ん」の紹介をし、

夕方、各テレビ局のニュース番組で取り上げていただきました。3月6日(水)の新聞記事にも4社の新聞社より、取り上げられました。

平成31年3月12日(火)警察政策フォーラムに参加しました。

警察政策フォーラム

「特殊詐欺の現状と対策~高齢者の被害防止を中心に~」

が開催されました。

午後3:45~のパネルディスカッションに、渡部諭教授が参加しました。

 

【日時】平成31年3月12日(火)午後1:30~午後5:20

【場所】グランドアーク半蔵門4階「富士東」

   (東京都千代田区隼町1-1)

【主催】警察大学校警察政策研究センター

【後援】(公財)公共政策調査会、警察政策学会、(一財)警察大学校学友会

平成31年3月5日(火)秋田県庁で記者会見予定

秋田県立大学では、詐欺脆弱性判定アプリ「わたなべ教授のサギ抵抗力しんだ~ん」の開発 に関する記者会見を行う予定です。

【日時】平成31年3月5日(火)午後2時00分~
【場所】県政記者会見室(秋田県庁1階)

平成31年2月21日 青森シンポジウムが開催されました。

平成31年2月21日、青森県アウガ5階 AV多機能ホールにて、

第2回RISTXプロジェクトシンポジウム2019

「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」-詐欺脆弱性判定アプリで自己防衛力を向上させるー

が開催されました。

 

平成31年2月21日(木)青森シンポジウム開催予定

このシンポジウムは終了致しました。

平成31年2月21日 (木) 13:30 ~ 16:00、青森市アウガ 5階 AV多機能ホールにて、第2回RISTEXプロジェクト「高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発」シンポジウムが開催されます。詐欺脆弱性診断アプリをお披露目し、操作方法を説明します。そして、会場に来られた皆様に実際にその場でやっていただく予定です。参加費は無料ですので、皆様のご来場をお待ちしております。

 

  • 主 催:青森大学
  • 共 催:青森商工会議所(まちなかキャンパス事業)
  • 期 日:平成31年2月21日 (木) 13:30 ~ 16:00
  • 会 場:アウガ 5階 AV多機能ホール(青森市新町1丁目3番7号:Tel; 017-718-0151)
  • テーマ:「詐欺脆弱性判定アプリで自己防衛力を向上させる」
  • 定 員:200 名
  • 参加費:無料
  • 受 付(13:00 ~ )

 

🔹2019.02.21第2回青森シンポジウムプログラム

 

【お問い合わせ先】

青森大学JST/RISTEX 研究開発プロジェクト

TEL:017-738-2011(内線736)

担当:新谷哲雄

H30年12月5日 サギ撃退サポーター養成講座(初級編)を開催しました。

平成30年12月5日(水)、一般社団法人シニア消費者見守り倶楽部岩田代表及び青森フィールド協力機関の協力を得て、サギ撃退サポーター養成講座(初級編)を開催しました。
 県内報道機関からも取材を受け、その記事が東奥日報にて報道されました。

 

NHK Eテレ「ろんぶ~ん」出演

平成31年1月17日(木)

NHK教育番組「ろんぶ~ん」に出演しました。

このPJの一環で行っている高齢者の詐欺調査の様子と、現在作成中のアプリをご覧いただくことが出来ました。

地域防犯連絡所の委嘱式で講演

一般社団法人シニア消費者見守り倶楽部は、6月23日(金)に、座間警察署「地域防犯連絡所」の委嘱式にお招きいただき、「あなたの気づき・声がけが地域を守る―詐欺被害防止のために―」の演題で代表理事が講演を行いました。 続きを読む…